ピーリングのやりすぎは肌トラブルの元に

ピーリングをすると、お肌が柔らかくなり、化粧水や美容液の浸透も良くなるので、定期的にされている人は多いと思います。

しかし、ピーリングをやりすぎると、角質層を削ってしまい、キメが啼無くなってしまいます。
キメが無くなると、お肌を外から守るバリア機能が無く、敏感なお肌になってしまうため、様々なトラブルが出てきます。

キレイで健康的なお肌というのは、ターンオーバーの周期が一定で、キメが整っている状態の事をいいます。
ターンオーバーが正常に行われず、古い角質や皮脂が溜まってしまう事で、お肌がくすんだり、硬くなってしまったり、ニキビが出来てしまったりします。

それを正常に戻す手助けとしてピーリングという方法があるので、ピーリングは頻繁にやるものではありません。汚れがごっそり取れて気持ちいいのは分かりますが、ピーリングは頻度を考えながら行いましょう。