正しい化粧水の付け方

毎日何気なくつけている化粧水。そのつけ方によってはお肌を傷つけているかもしれません。
まず、清潔な手のひらに化粧水を適量とり、乾燥しやすい頬からなじませ、おでこ、Tゾーン、目のまわり、あごとお顔全体を包み込むようにやさしくなじませます。

やはり手でつけるとムラになりやすいので、ちゃんと鏡で見ながら全体に化粧水が行き渡るようにします。すぐに乳液をつけるのではなくて、お肌の表面の化粧水がしっかり浸透するまで待ちましょう。間違ってもたたきつけるように化粧水をつけてはいけません。

あと、コットンに化粧水をしみ込ませてつける人もおおいと思いますが、見えない所でコットンの繊維が引っかかってお肌に傷を付けている可能性があります。

それが何年も続くと黒ずみの原因になったり、お肌がくすんだりする原因になります。コットンだとムラなく簡単に化粧水をつけることが出来るのですが、デメリットがあることも覚えておいて下さい。